×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

なぜ、幼児教育で英語が人気なのか?

幼児教育でいきなり英語?なぜ、幼稚園や保育園など幼児教育で英語を学ばせるのでしょう?それは人間の各成長段階での脳の仕組みに関係しています。
幼児教育の観点から脳神経科学では、実は人間が英語など言葉を覚えるのにいちばん適した時期は、4歳〜5歳くらいまでだと考えられているのです。それゆえ、小学校にあがってからでは遅いのです。その為、最近では保育園から幼児教育として英語を学ばす親が増えているのでしょう。我々の時代は、英語を習い始めるのは中学生からでした。今は英語教育は小学校低学年から始まっていて、保育園や幼稚園で英語の授業を行っているところが増えてきていて、しかも大変人気があるというから、われわれの時代とは隔世の感がありますね。
今はグローバル社会といわれる世の中。英語は世界で最も広く通用している言語です。日本もこれからは、今まで以上に外国人との交流が増加することでしょう。その為に英語は中国語などの新興国の言葉にはまだまだ負けず、まだまだ重要視されていますね。

幼児教育の英語はわかりやすく楽しく

まず、気軽にテレビではどうでしょう。幼児教育の英語を学ぶことができる人気番組といえば、「えいごであそぼ」ですね。一般に販売されている教材や、そこらへんの教室の授業などには負けないくらい、充実した内容です。
幼児教育では英語もわかりやすいことが大事です。ひとつの単語を、組み合わせで、ある文章や他の単語などやストーリーなどと絡めるなどの工夫をしています。また、時間も15分という、子供が集中して見れるようにも配慮がなされています。親子で一緒に発音するなどすれば、お子さんも楽しんで学ぶことができますね。
最近では、新しい幼児英語教育の方法として、英語を親子留学でというのもあります。期間としては、1週間程の短かいものから、数ヶ月の長期のものまであるのだそうですから、いろんなプランから選んでみてください。親は大人向け語学学校、子供は現地の幼稚園などに通うなんていう、プランもあるそうです。気をつけたいのは、現地で日本人のスタッフがいるかどうかですね。

幼児教育専門英語教材の選び方

お子さんに幼児教育として英語を学ばせたいのはいいけど、いったいどの教材を選べば良いのかわからないという人も多いことでしょうね。大事なのは、先にもお話したように、幼児教育であっても楽しみながら英語が学べるかと言う点です。人間、嫌なことは長続きしませんし、特に子供となるとなおさらです。「好きこそものの上手なれ」とはよく言ったものです。
幼児教育専門の英語教材は、DVDがお勧めです。英語の歌や、映像でアルファベットを使って、子供が真似したくなるようなリズム感のあるテンポで楽しく作られているものもあります。DVD以外にも、英語の絵本やパソコンサイトによるものもあります。もし急いでいるなら、幼児教育の英語無料体験を受けてみるのもひとつの手です。これは一見遠回りなようにみえますが、実は体験してみてから買ったほうが結果的に早かったりします。子供によって合う合わないがあるからです。あわてずに、お子さんに合った教材を選んで下さいね。

Copyright © 2008 幼児教育の英語を考えている人に